むかし着物の着付け2日間集中レッスン★11月28日(土曜日) 11月29日(日曜日)

むかし着物の着付け2日間集中レッスン!!

中谷比佐子式着付け教室が2日間集中レッスンになって戻ってきました。


 

講師 関戸朋子先生(秋桜舎) 中谷先生の一番弟子です
開催場所:恵比寿または広尾より徒歩7分
主催:満月の布、自然回帰
後援:女神サークル、おおあさ大麻大学、ヘンプ製品普及協会

申込はコチラ↓

http://shop.shizenkaiki.com/?pid=94569971

 


 

2日間集中レッスン(10時より。終了予定時間 午後4時から5時の予定)
11月28日(土曜日)
11月29日(日曜日)

着物…いつか着られたらいいなと思っていませんか?
今からなら正月に間に合います!!

着物には良い事がいっぱいです。

http://renature.jp/news/seminar/kimonoisbest/

本講座を通して、素晴らしい日本の文化・知恵を皆で学びましょう。
むかし着物とは、補正をしない、カラダを締め付けない、でも着崩れない、着付け方法です。
「キーワードは、骨です!!」
中谷先生はオーラソーマや風水なども熟知されており、着物以外の知識を着物にフィードバックさせ、現在の着付け方法を伝承されています。

中谷先生のプロフィール
大分市出身。共立女子大学文芸学部卒業。女性誌の編集記者を経て(株)「秋櫻舎」を設立。
きもの季刊誌「きもの秋櫻」の発行。
「きものが私をどう変えるか」というきっかけからきものを着続けて40年。きものを切り口に日本の文化、日本人の考え方の基本を学び伝承している。
農林水産省蚕糸業振興審議会委員として、国産シルクブランドの開発に携わる。『きものサロン』などのきもの雑誌の企画・監修、執筆。風水、オーラ・ソーマの研究もすべてきものから派生したもの。http://iki-modern.com/drawer/

 


 

1日目(10時より。終了予定時間 午後4時から5時の予定)
一時限
自分の着物再点検。(着物の用語を覚えましょう。)
50分

二時限
実際に着物を着てみよう。(着物を着て帯を結ぶ)
50分

四時限
下着の意味と下着のつけ方、たたみ方
50分

五時限
長襦袢の半衿つけ、たたみ方
50分

六時限
下着をつけて長じゅばんを着る
50分

2日目(10時より。終了予定時間 午後4時から5時の予定)
七時限
前日の復習
90分

八時限
着物を着る、紬など織のもの、たたみ方
50分

九時限
名古屋帯を結ぶ、たたみ方
50分

十時限
名古帯を結ぶ


 

参加費…お一人様 43,200円(定員:7名様)

持ち物
着物はなくてもOKです。申し込み時に着物を借りるかお伝えください。
置物をお持ちの方は、お家にある着物を事前にお送りください。足りないものを点検してお教えいたします。

特典多数あり

※ 着物の押し売りはありませんが、キレイに着つけるには、下着は必要になるかもしれません。湯文字、胸当てなどなどです。そんな高くないです。最初は持ってなくても先生が貸して下さいます。無理して、着物は用意しなくても大丈夫です。

 

 

古いアルバム(大正・昭和) 173-thumb

 
お申し込みいただいた方には詳細をお伝えいたします。
簡単なチェックシートにご記入いただきます。