一滴の雫が大宇宙を宿し、一瞬の星のまたたきに永遠の時間(とき)が凝縮されている。

一滴の雫が大宇宙を宿し、一瞬の星のまたたきに永遠の時間(とき)が凝縮されている。

この事実を明らかにし、真実の生き方を提言するアヴァタンサカ・スートラの思想。

それは今日、哲学・物理学などの領域で欧米の科学者や思想家にまで強い関心をもたれている。学びの伝統を探り、歴史的な経緯と発展を踏まえつつ、いまに生きる私たちの生き方と現代的意義を解き明かす。

“一滴の雫が大宇宙を宿し、一瞬の星のまたたきに永遠の時間(とき)が凝縮されている。” の続きを読む