天然灰汁発行建(てんねんあくはっこうだて)とは?

  • 木や草を燃やした灰を熱湯に入れて作った上澄み液。
    つまり、灰汁(あく)を用いて藍を建てる(染まる状態にする)ことをいう。

  • すくも=藍の染料、灰汁、ふすま(麦のカラ)、石灰、
    日本酒等を用いた古来より伝わる技法です。