たとう紙

和紙のたとう紙は着物の湿気を吸い取ります。

たとう紙が黄色く変色するのは、着物のかわりに湿気を吸い取っているためです。

長くほっておくと、黄変(シミ)が着物に移ってしまうので、すぐにたとう紙を取り替えましょう。

高価なものを使うより、安いたとう紙で虫干しの度にとりかえると、着物が長持ちします。

着物1枚にたとう紙1枚。まとめ入れたりしますと、
着物にたたみじわが出来、そこから糸が弱まるようになります。