すくもとは?

藍染めの染料です。蓼藍の葉を発酵させて染料にしたものです。

すくもという漢字は、漢和辞典にはない日本人が考えたものです。

← この漢字の読みかたは「すくも」といいます。

漢字のすくも という字にも 意味があり

草かんむり … 藍染に用いる植物には蓼藍(たであい)を指します。

「染」の「さんずい」 と 「染」の「九」と「木( = 十八)」 …
九月から十二月のはじめまで およそ百日間かけて水を掛けては
切り返し発酵させ、土の固まりのような”すくも”(=染料)にします

漢字一字一字にも、深い意味があるのですね(^^)